ダブル不倫の場合の慰謝料

ダブル不倫とは、結婚しているもの同士で浮気・不倫をしている状態のことをいいます。このようなときの慰謝料の請求はどのような流れになるのでしょうか。

お金Aさんの夫が既婚者のBさんとダブル不倫をしていた場合、Aさんは当事者であるBさんに慰謝料請求をすることとなります。この不倫関係が発覚した場合、Bさんの夫もAさんの夫に対して慰謝料を請求することが出来ます。このような事態になった場合、一般的に夫婦の家計は同一だとされているため、Aさんは家計の中からBさんに慰謝料を支払わなければなりません。こうなってしまうと、Bさんから慰謝料を受け取ったとしても、Bさんの夫に慰謝料を支払うこととなり、その額が同じだったら差し引きゼロとなります。費用や手間を考えるとマイナスだと感じる人もいるかもしれません。

こういったケースもあります。Aさん夫婦は離婚をせず夫婦関係を継続、Bさん夫婦は、そのダブル不倫を原因に離婚したとなれば、Aさんが受け取る慰謝料よりもBさんが受け取る慰謝料の方が高くなる可能性が高くなり、大きなマイナスとなってしまうかもしれません。

ダブル不倫の場合は相手側の配偶者から慰謝料を請求されることになります。このことにより、家計から慰謝料を支払うことになります。夫婦関係を継続すると金銭的に損をする可能性もあります。


慰謝料とはなにか

慰謝料とはそもそも、夫、または妻が浮気・不倫関係になり不貞行為をしたことによって夫婦関係が破綻した場合、または配偶者が精神的苦痛を受けた場合に対して、それを金銭換算し損害を補填するものです。別の言い方をすれば、精神的苦痛を慰謝するための損害賠償であるとも言えます。不貞行為によって生まれた精神的なダメージを相手に償わせることだけではなく、不貞を行った相手に対する懲罰という意味合いも慰謝料請求には込められています。

考える女性では、浮気・不倫の責任を求めるときには誰に問えばいいのでしょういか。損害賠償の責任は浮気・不倫関係となった2人に存在します。つまり、慰謝料は夫(または妻)だけでなく、その浮気・不倫相手にも請求することが出来ます。このため、離婚という選択肢を取らず、夫婦関係を継続させるケースや、浮気相手だけに慰藉料を請求するということも少なくないそうです。

慰謝料とは、浮気や不倫によって夫婦関係が破綻した場合やそれによって精神的苦痛を受けたときに、金銭的にその損害を補填するものです。これには相手に対する懲罰的な意味合いも込められています。不倫の責任は夫(妻)だけでなく浮気相手にもあるため、慰謝料は2人から取ることが出来ます。2人両方だけでなく、片方からだけ取ることも可能です。


慰謝料についての話

夫婦関係の破綻の主な原因であるとされる不倫・浮気問題。芸能ニュースなどでも大きな話題となっています。このようにテレビで取り上げられるのは、一般層にも浮気による被害にあっている人が多いからだという声もあるほどです。もしも配偶者が不倫・浮気をしていたら、泣き寝入りでは損をしてしまうかもしれません。そうならないためにも慰謝料についての知識を深める必要があるでしょう。

慰謝料とは配偶者が浮気・不倫相手と不定関係をしたことで夫婦関係が破綻したとき、または精神的な苦痛を自身が受けたと感じたときにそれを金銭換算して損害を請求するものです。浮気や、不倫の責任は配偶者だけではなく浮気相手にも請求することが可能です。既婚者同士の浮気であるダブル不倫の場合は、自分だけでなく相手側の配偶者も慰謝料請求の権利があります。そのため、夫婦関係にある場合、その家計は同一であるとされるので、その中から相手に慰謝料を払わなければなりません。また、場合によっては慰謝料が向こうの方が高くなるケースもあります。

不倫不倫や浮気はもはや簡単に許されるものではありません。我慢の先に見えるのが幸せならば良いですが、それよりも取れるところからしっかりと金銭を勝ち取って、明日に向かって歩き出すのが幸せだと感じる人もいるようです。浮気の被害にあってしまった人、または慰謝料について調べる人の役立つ記事を書かせていただきましたので、お役立ちになれば幸いです。