慰謝料とはなにか

慰謝料とはそもそも、夫、または妻が浮気・不倫関係になり不貞行為をしたことによって夫婦関係が破綻した場合、または配偶者が精神的苦痛を受けた場合に対して、それを金銭換算し損害を補填するものです。別の言い方をすれば、精神的苦痛を慰謝するための損害賠償であるとも言えます。不貞行為によって生まれた精神的なダメージを相手に償わせることだけではなく、不貞を行った相手に対する懲罰という意味合いも慰謝料請求には込められています。

考える女性では、浮気・不倫の責任を求めるときには誰に問えばいいのでしょういか。損害賠償の責任は浮気・不倫関係となった2人に存在します。つまり、慰謝料は夫(または妻)だけでなく、その浮気・不倫相手にも請求することが出来ます。このため、離婚という選択肢を取らず、夫婦関係を継続させるケースや、浮気相手だけに慰藉料を請求するということも少なくないそうです。

慰謝料とは、浮気や不倫によって夫婦関係が破綻した場合やそれによって精神的苦痛を受けたときに、金銭的にその損害を補填するものです。これには相手に対する懲罰的な意味合いも込められています。不倫の責任は夫(妻)だけでなく浮気相手にもあるため、慰謝料は2人から取ることが出来ます。2人両方だけでなく、片方からだけ取ることも可能です。