ダブル不倫の場合の慰謝料

ダブル不倫とは、結婚しているもの同士で浮気・不倫をしている状態のことをいいます。このようなときの慰謝料の請求はどのような流れになるのでしょうか。

お金Aさんの夫が既婚者のBさんとダブル不倫をしていた場合、Aさんは当事者であるBさんに慰謝料請求をすることとなります。この不倫関係が発覚した場合、Bさんの夫もAさんの夫に対して慰謝料を請求することが出来ます。このような事態になった場合、一般的に夫婦の家計は同一だとされているため、Aさんは家計の中からBさんに慰謝料を支払わなければなりません。こうなってしまうと、Bさんから慰謝料を受け取ったとしても、Bさんの夫に慰謝料を支払うこととなり、その額が同じだったら差し引きゼロとなります。費用や手間を考えるとマイナスだと感じる人もいるかもしれません。

こういったケースもあります。Aさん夫婦は離婚をせず夫婦関係を継続、Bさん夫婦は、そのダブル不倫を原因に離婚したとなれば、Aさんが受け取る慰謝料よりもBさんが受け取る慰謝料の方が高くなる可能性が高くなり、大きなマイナスとなってしまうかもしれません。

ダブル不倫の場合は相手側の配偶者から慰謝料を請求されることになります。このことにより、家計から慰謝料を支払うことになります。夫婦関係を継続すると金銭的に損をする可能性もあります。